国道1号線を下ってみる

nksn2005-10-09

9/22の続編として、深夜、国道1号線で名古屋から大阪までゆくことに。少し風邪気味で喉が痛く、窓の外の風景ともいえぬ風景を見つつ、後部座席から前の話を聞いて過ごす。朝方、京都あたりで車を泊めて寝る雰囲気にもなるが、寺社の駐車場はまだ開かず、コンビニの駐車場は空かずで、大阪までふんばる。
アベノ橋魔法☆商店街』な雰囲気を求めて阿倍野らへんを歩いたり、道頓堀の汚さに驚かされたり。早朝から通りにひとが多いのも、やや驚き。大阪は都会なのに都会っぽさがなくて、気取らなさがちょっと疲れるなあと思う。名古屋の醤油味なタコヤキが良い。京都へ引き返す車の中で、いつの間にか寝ていた。