扁炉(ピェンロー)を試す

nksn2005-10-30

木村紺神戸在住』5巻に出てくる「扁炉(ピェンロー)」という鍋を、日が回って数時間後の眠気とともに試してみる。不思議な食べ物、という印象。椎茸と白菜が主役となる不思議鍋。大いに失敗したくさいので、機械があれば再び電源を入れてみたいと思った。友人たちが寝てしまってから、黒霧島を飲みながら、朝が来るまで再び『THE 地球防衛軍2』に勤しむ。クリアできないもやもやを残して日曜朝のアニメ・特撮ラッシュに突入。あと、どこからか手に入れた『交響詩篇エウレカセブン』26話を見て灰になる。
ひさびさに休日的休日感。