じつはひとつ

nksn2006-09-22

内から湧き出る咆哮を無理やり押し留めて意欲的にプログラムを書き始めるが、どうにもこうにも不思議動作の原因を突き止めることができず、何時間も水泡化させ、諦める。原因のありそうな範囲は特定できているのに、どこがおかしいのか断定できないもどかしさ。ひとの目は、じつはひとつ。